ribbon
Skip Navigation Linksホーム > ガイドライン > ペナルティのガイドライン
guidline
はじめに、ルールや規約は誰か(プレイヤー同士、運営、あるいはプラットフォーム)を守るためのものであり、誰かを攻撃したり縛り付けるのを目的としていません。
また、ペナルティの存在も対象者を排斥することが目的ではなく、対象者に問題であることを気が付いてもらって、行動を見直してもらうための手段でもあることを予め共有させてください。

問題行動をしてしまった場合
運営が問題を確認したときに以下のペナルティが与えないといけない場合があります。

ペナルティの種類
  • 警告
  • (チャットやロールプレイが原因の場合)一定期間の強制常時プライベート化
  • (クエストなど創作物が原因の場合)クエストや画像、文章の非公開化
  • 一定期間のアカウント停止や接続禁止
  • プロバイダ通報など第三者機関への対処依頼
警告から始まり段階的な対応となっています。
問題行動の内容次第によって段階を飛び越えて対応を与える場合もあります。
また、同系統の問題行動を繰り返した場合や誠実な対応をいただけない場合には、より強いペナルティを与えなければいけなくなります。
難しいことかと思うのですが、運営視点を考えていただき対応いただけたら幸いです。

問題行動に出会ってしまった場合
まずは自身の心身の安心を第一にしてもらえればと思います。
そのうえで迷惑行動をとっている相手に対して何かを伝えたくなった場合には、相手への尊重を忘れずに寛容の精神をもってひと呼吸してから伝えてみてください。言葉は相手に受け取ってもらわないと自己満足にになってしまいます。正論は重たく、力を持ってしまうので、受け取ってもらうためには相手への配慮が必要になります。

問題のある行動は、必ずしも悪意が原因ではありません。
悪意がなくてもトラブルは発生してしまいます。無知や過失の場合、別の正義がある場合もあるので、ある側面からの正義を振りかざして相手を攻撃するのではなく、問題を解決・回避することにどうか目を向けてもらえれば幸いです。

個人で対応が難しそうな場合には、運営(あるいは第三者機関)に相談いただければと思います。